SOTO「ストームブレイカー」で使えるヒーターアタッチメントの遮熱板を作る。

ちょっとシーズンが終わってしまいましたが、去年の冬にNaked LaboのヒーターアタッチメントCompact heaterを入手していました。


ヒーターアタッチメントとは?

ヒーターアタッチメントとは、シングルバナーの上に置いて使うヒーター。暖を取るために使います。

Compact heaterの中には、コイルが仕込まれており、熱せられたコイルの輻射熱で、暖かくなる仕組み。

ヒーターアタッチメントの中でも、「Compact heater」は、小型軽量ながら、熱変換効率のよい人気モデルです。


管理人は、SOTOのシングルバーナー「ストームブレイカー SOD-372」を使用しています。

ストームブレイカーにCompact heaterを載せて使うのですが、下方向に逃げる熱を反射することで、より効率よく暖をとることができます。

SOTOの「レギュレーターストーブ ST-310」用には、遮熱板(反射板)が売られているようですが、ストームブレイカー用は見つからなかったので、作ってみることにしました。


遮熱板を作る

まず、ステンレスのプレートをを製作。
CADソフトで図面を書いて、業者に発注しました。

できてきたのがこちらのプレート。
ごとくを避けるスリットと、フックを取り付ける穴を空けました。


穴には、これらの部品を取り付け。


三角吊金具をこんな感じに取り付け、クリップを加工して取り付ければ出来上がり。


完成

完成。
ごとくにぶら下げる感じで取り付けます。


ごとくに引っ掛けたクリップが、Compact heaterの位置ずれ防止にもなっていい感じです。

本当は、反射板が湾曲していると、熱が真上じゃなくて、まわりに拡散してベストなのですが、とりあえずは満足。
冬のキャンプでも、少しは暖かく過ごせそうです。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥2,718 (2021/07/25 13:13:27時点 Amazon調べ-詳細)
ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372
SOTO(ソト)

2 件のコメント

  • 私もストームブレーカーを使っています。すっごい良いアイデアですね。もし差し支えなければですが、是非その図面を公開していただけませんか?真似させてください。ちなみに厚さは何ミリくらいでしょうか?

  • cub-camp へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です