初めてのガソリンストーブ「ストームブレイカー SOD-372」をレビュー。

初ソロキャンプに挑戦のはずが、→ソロデイキャンプ→ファミデイキャンプになってしまいましたが、そこでデビューしたのが、SOTOの「ストームブレイカー SOD-372」。

管理人は、CB缶の機器しか使ったことがなかったので、初のガソリンストーブ。初使用レビューです。


ガソリンストーブにした理由

普通は、CB缶から、OD缶にステップアップする方が多いのかもしれませんが、なぜ管理人がガソリンが使える「ストームブレイカー SOD-372」にしたのかと言いますと、カブのガソリンと共有できるから。

ストームブレイカー」は、シングルバーナーなどによく使われるホワイトガソリンの他に、レギュラーガソリンも使用できます。
つまり、カブのガソリンを抜き取って、バーナーに使うことができます。

SOTOのHPより

バーナーへのガソリンの供給は、専用のボトルで行いますが、このボトルにガソリンを入れておけば、バイクのガス欠時に使うこともできます。

ストーブとカブでガソリンを、共有できるというわけです。

SOTOでは、MUKAストーブというレギュラーガソリンも使えるものがあります。
ストームブレイカーは、その上位機種で、レギュラーガソリンもOD缶も使えるタイプ。
管理人は、OD缶を使う予定は今の所ありませんが、ストームブレイカーの方が、防風性能もいいらしい、ということで、ストームブレイカーにしました。


中身をチェック

購入しました。ストームブレイカーと、720mlのガソリンボトル。



結構いろいろ入っています。



こちらがメインのバーナー部。
収納時はコンパクトですが、簡単にこの状態にすることができます。


ガソリンのボトルに取り付けるポンプ部。ストローみたいなのが2本ついていますが、勝手に曲げたりしてはいけません。


こちらは、OD缶用アタッチメント。


使用前に気づいたのが、五徳のサイズ。結構、中心が広めに開いている。

写真は、同じSOTOの「サーモスタッククッカーコンボ SOD-521」の一番大きいコッヘル。これでギリギリ。これより小さいと、危ないです。


使用手順

それでは、使ってみます。憧れの初ポンピング!!

ボトルにポンプをセットします。
ポンプのストローに負荷をかけすぎない様に気をつけながら。


レッツ、ポンピング。なるほど、こんな感触か。結構グイっと押し込む感じ。
娘にも手伝ってもらいましたが、このくらいの子だと、体重かけてやる必要あり。



ポンピングを続けると、ここのチョボが徐々に飛び出してきて、赤い部分が見えてきたらOKです。
タンクが規定量満タンなら、70回くらいのポンピング。



バーナーのホースを接続します。



点火!!
最初は、赤い炎が立ち上りますが、数十秒待つと落ち着きます。

これで、ようやく使える様になります。
いままでのCB缶に比べれば、なかなか面倒ですが、気分はキャンプ上級者!?



早速、お湯おかわして、娘たちとココアでも。
こちらは、今回デビューの100円ショップ(セリア)の折りたたみタンク。
使わないときはペチャンコになります。100円にしては、いい仕事します。


やや風がありましたが、風防なしでもガンガンに沸きました。


さらにチキンラーメンを調理。
弱火が難しい? 絞っても噴きこぼれるくらい沸騰します。
明るくて炎が見えないので、絞れてるのかも、よくわからなかったですが。


感想

メリット

火力がすごい!! というのが第1印象。
この時の気温は、10〜8℃くらいでしたが、CB缶だとそろそろ火力が落ちてきそうですが、ガソリンは全く問題ありません。強すぎて困るくらいでした。

初めてガソリンを燃料として使いましたが、やっぱりコスパがすごいです。
720mlのボトルを使いましたが、飲み物用のお湯を2回、チキンラーメンを4人前作りましたが、まだ半分弱くらい残っていました。燃料代は60円くらい。


デメリット

一番のデメリットは、面倒!!ってこと。
ポンピング、着火時の赤い炎が収まるのを待つ時間、消火時のタンク圧力が落ちるのを待つ時間と、とにかく面倒。
消して点けるたびに、これをするのかと思うと、ちょっとガソリン式に後悔しました…。慣れるかなぁ。

五徳の中央が広いのもデメリット。
小さなコッヘルなど、置けないものがあったり、置けても常に中心を意識しないといけないです。
同じ不満を持つ方はやはりいらっしゃるようで、改造されている方も。

これや、やりたい!!


いままで使っていたCB缶に比べると、後悔するほど面倒ですが、慣れるしかなさそう。
その対価として、寒くても使えたり、カブとの燃料共有もできるので、そのメリットを活かして、ガシガシ使っていきたいです。

created by Rinker
SOTO(ソト)
¥20,990 (2019/07/17 00:34:24時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です