パップテント比較!! バンドック「ソロベースEX」VS FUTURE FOX「FOX-BASE」

大人気のソロキャンプ。
おひとり様用のテントもいろいろと種類がありますが、今回ご紹介するのはパップテントです。


定番のBUNDOK(バンドック) 「ソロベースEX BDK-79EX」と、昨年末に発売されたばかりのFUTURE FOX「FOX-BASE」をご紹介したいと思います。


定番「ソロベースEX」

数あるパップテントの中でも、定番となっているのがバンドックの「ソロベースEX BDK-79EX」です。

近くのアウトドアショップで、こちらの下位モデル「ソロベース」が展示されており、ちょっと気になっていたのですが、冬キャンプ用に寒さに強そうなテントが欲しくなりEXを購入しました。

  • 厚めのTC生地
  • スカート付き

これは、寒さに強そう!!

ちょうどフリマアプリで、良さげなのが出ていたこともあり、速攻で買ってしまいました。(典型的な衝動買い..)


ソロベースEX、初張り

で、早速キャンプへ出陣。

さすがに、冬装備は荷物が増えます。


こちらが「ソロベースEX」。
中古ですが、使用回数はわずかとのことでした。程度は悪くなさそう。


中身は、メインの幕と、メッシュのインナー、ポール4本、ロープ6本、ペグ18本。
総重量5.2kgです。

今まで使っていたモンベルの「クロノスキャビン2」は4.3kgでしたので、かなり重く感じます。
生地が厚めのTCなので重いのは仕方ないでが、その分、暖かそうだし、火の粉にも強いので、テントの近くでも焚き火ができるというメリットがあります。


設営完了。
陣幕も設置し、いい雰囲気です。ちょっとチェアのカバーが色的に浮いてるが..。


寒さについては、気温2度まで下がりましたが、スカート付きで風も入ってきませんし、ぐっすり眠れました。
(寝袋は、モンベル ダウンハガー800#2【コンフォート温度】1℃)

うん、これならもう少し寒くてもいけるかもしれない。


定番を超えてきた!? FUTURE FOX「FOX-BASE」

すっかり、パップテントが気に入ってしまった。

キャンプ後もパップテントに感度ビンビンなところに、見てはいけないツイートを見てしまった…

なんだ、このいい感じのパップテントは!!

FUTURE FOXというメーカの新製品で「FOX-BASE」という製品。

新発売で、数量限定とのこと。うーん、限定という言葉に弱い。しかも残り少ないらしい。
価格はソロベースEXよりもかなり安いし、えーい買ってしまえ!!

ということで、早くもパップテント2幕目です…。
(お届けは2022年1月下旬)

【追記】「FOX-BASE」は2022年2月16日水曜日から再販予定とのことです。


「ソロベースEX」「FOX-BASE」スペック比較

ここからが今回の本題。

すでにパップテントの定番となっている「ソロベースEX」と、新進気鋭の「FOX-BASE」。
どちらも、よく考えずに衝動買いしましたが、今後どちらを使っていくのか。

「FOX-BASE」は1月下旬のお届けで、まだ手元にはありませんが、今ある情報で比較してみたいと思います。

まだ、「ソロベースEX」を1回しか張ったことがないパップテント初心者なりの所見ですが、参考になれば..。



まずは、スペックを比較しておきます。

 BUNDOK
ソロベースEX
FUTURE FOX
FOX-BASE
サイズW360xD190xH110cmW375xD200xH110cm
前室高さ130cm150cm
インナーサイズW190xD85xH100cmW190xD90xH110cm
収納サイズW47xD24xH24cmW54xD20xH28cm
素材ポリコットン(TC素材)
(ポリエステル65%
綿35%)
ポリコットン(TC素材)
耐水圧3000㎜
(スカート部は3000mm)
付属品ポール4本
ロープ6本
ペグ18本
エンドキャップ2個
ポール4本
ロープ8本
ペグ18本
エンドキャップ2個
重量5.2kg6.7kg
価格34,800円29,800円

外幕、インナーともに、後発の「FOX-BASE」が、「ソロベースEX」のサイズを微妙に超えてきました。
徹底的に研究し尽くしてきた感じです。

それ以外にも、いろいろと違いがありますので、詳しく見ていきます。
(以下、「FOX-BASE」の画像は、公式サイトから引用させていただきます)


デザイン・前室

パッとみたデザインは、どちらも同じパップテントタイプなので似ています。
サイドウォール、スカートもあり、カラーも同じ。

でも、大きく異なるのが「前室」です。

「FOX-BASE」は、前室先端の高さが150cmで、「ソロベースEX」よりも20cmも高くなっています。

さらに、生地も前室側だけ長くなっており、前室が高く広く設計されています。

「ソロベースEX」の前室高さ130cmの中で立ち上がると、ちょっと腰にくるのですが、150cmでは少しは楽になりそうです。



左が「FOX-BASE」、右は「ソロベースEX」かわかりませんが、似たデザインのパップテント。

確かに「FOX-BASE」の方が高さがあります。
ただ、幅については「FOX-BASE」はやや狭くなっているようにも見えます。(錯覚かもしれません)

広さいのは良さそうですが、個人的には開放的すぎて、秘密基地感がやや損なわれている感じもします。
好みの問題かもしれません。

また、「FOX-BASE」は、前室のポールとサイドウォールを何箇所も結びつけています。
他のテントやタープでも、ポールに幕を縛るというのは、やったことがないですが、ポールの位置や角度に自由が効かないというのは、ちょっと設営が難しかもしれません。
また、結ぶのも面倒そう..。(全部結ぶ必要はないかもしれませんが)


窓と穴

「ソロベースEX」には、薪ストーブ用!?と話題になった穴があります。

公式には通気用で、ストーブ用ではありませんでしたが、自己責任で煙突にも使えそうな穴でした。

「FOX-BASE」も似た位置に、同じような穴があります。
しかも、正式に「薪ストーブ用」としています。

しかし「薪ストーブのご使用は自己責任でお願いいたします。」とも書かれており、結局は自己責任なのですが、一応公式に認められているという安心感はありますね。


さらに、「FOX-BASE」にはもう1つ窓が。
背面側中央に、幅50cm×縦30cmの通気用の窓が設けられています。

これで、夏もある程度空気を通して使用することができます。


撥水、耐水圧性能

TC素材ですので、あまり雨には濡らしたくないですが、「ソロベースEX」は、3000mmの耐水圧があり、少々の雨でも大丈夫です。

「FOX-BASE」は、スカート部分は3000mmという記載があるのですが、他の部分については記載がありません。

メーカーに確認したところ…

スカート部分以外の布には防水加工を施していない代わりに撥水加工を施しています。
具体的にドイツ製のC6撥水材という液体にテント生地全体を二度浸けしていることで、生地の表面は完全に水分を通さない仕様となっております。
そのため、工場との確認では耐水圧3000mm同等の防水性能となっております。
本製品につきましては防水、撥水ともに相当自信がございますのでご安心ください。

とのことでした。

撥水が強力すぎて、耐水圧は不要なようです。
これなら、「FOX-BASE」も少々の雨は問題なさそうですね。

重さ

「ソロベースex」は、5.2kg
「FOX-BASE」は、6.7kg
その差は1.5kg。

車に積むなら全く問題ないですが、カブに積むとなると気になる差です。

重さの差の要因は、「FOX-BASE」の方が、前室の幕が大きい、ポールも長い、などがありますが、意外に影響が大きいのが「ペグ」です。

実は、重さの差の半分くらいは「ペグ」の差です。

「ソロベースEX」に付属のペグは、アルミのVペグ。重さは実測で1本11gでした。

「FOX-BASE」には、スチールペグが付属しています。
重さは不明ですが、長さ22cm、直径6mmとのことなので、類似品の重さを調べると、50gでした。

1本あたりの差は39gと僅かですが、付属の本数は18本。合計702gも違います。
1.5kgの差のおよそ半分は、ペグの差というわけです。

また、「ソロベースEX」のアルミVペグは、正直かなり貧弱。
これをそのまま使い続ける人はあまりいないと思います。

「FOX-BASE」のペグも重いので、別のものに変えるとすると、ペグの差はチャラになりますね。

管理人は、ユニフレームのジュラペグ(約17g)を使っています。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥1,799 (2022/01/18 06:05:10時点 Amazon調べ-詳細)


まとめ

「ソロベースEX」は、まだ1度しか張っていませんし、「FOX-BASE」は現物がなく、公式サイト以外の情報が何もないので、ちょっと比較するのは時期尚早かもしれませんが、とりあえず、わかる範囲でまとめてみました。

後発の「FOX-BASE」は、人気の「ソロベースEX」を研究し、それを見事に超えるスペックになっています。
ただ、いままでにない前室のデザインとなっているので、この評価は実際に使ってみないとわからないですし、好みもあるかもしれません。

デザイン的には似たものが多いパップテントですが、その点「FOX-BASE」は、見た目の差別化ができるのはいいですね。

「FOX-BASE」の登場で、まだまだ新しいデザインが出てくるかもしれません。そちらも期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です