シンプルだけどちょっと癖もある、アルコールストーブ始めました。

カブでソロキャンプを初めて3年くらい経ちました。

この3年での一番大きなキャンプスタイルの変化は、テント泊からハンモック泊になったことですが、他にもいろいろ変化がありました。

その1つが、調理用のストーブ(バーナー)。
最初は、ファミリーキャンプでも予備に使っていたCB缶のシンブルバーナー「ST-310」。

CB缶はどこでも入手可能で、コスパが高いのが魅力ですが、カブに積載するには1本が限界。

使いかけだと量的に不安なので、毎回新品を1本もっていくと、使いかけのCB缶が貯まっていくことになります。

そこで乗り換えたのが、レギュラーガソリンが使える「ストームブレイカー SOD-372」。

初めてのガソリンストーブ「ストームブレイカー SOD-372」をレビュー。

2019年1月26日

レギュラーガソリンなので、カブの燃料タンクから抜き取って使うことができるし、逆に余ったガソリンはカブで使うこともできる、ということで導入。

実際、残量の心配をすることがなくなったのは、かなり快適でした。

しかし、使用時に「ポンピング」という燃料の圧縮作業が必要。
この作業がなんとなく玄人っぽくて、最初はその面倒さも楽しみながらやっていたのですが、最近は本当に面倒な気がしてきて…。

ということで、今回新たなストーブを導入してみました。

アルコールストーブとは?

CB缶、レビューラーガソリンの次は、どんなストーブにするか?

まず思いつくのは、OD缶タイプ。
ストームブレイカーは、OD缶にも対応しているので、すぐに使えます。

でも、コストが高め。OD缶の価格は、CB缶の数倍もするんですよね。

で、いろいろ調べて辿り着いたのが「アルコールストーブ」でした。

アルコールストーブは、燃料用アルコールを注いで火を付けるだけのシンプルなストーブ。
燃料用アルコールは、ドラッグストアなどでもできます。(500mlで300〜400円程度)

created by Rinker
¥1,250 (2021/12/03 15:23:40時点 Amazon調べ-詳細)
OD缶やCB缶のように、燃料が缶から吹き出すようにはなっていないので、音は静か。
しかし、火力が弱く、風にも弱いといった特徴があります。


燃料のアルコールは、必要な量だけ、簡単に小分けにして持っていくことができるので、使いかけの缶が溜まっていくようなことはありません。

着火も、ポンピングなど不要。注いで火を付けるだけと、超簡単です。


EVERNEW チタンアルコールストーブ

こちらが、購入した「エバニュー(EVERNEW) アルコールストーブスタンドDXセット

セット内容

全部合わせて、わずか86g!!。さすがチタン製です。

アルコールストーブに、アルコールを入れます。
30ml、60ml、上限の70mlに目盛りがあります。

アルコールストーブは、基本は使い切りなので、どれくらいの時間燃焼させるかで、注ぐアルコールの量を調節するそうです。

とりあえず、30mlほど入れて、シェラカップでお湯を沸かしてみます。

着火は簡単。ライターなどを近づければ、静かに着火します。
ほぼ無音なので、昼間は着火したかどうかが、わかりづらい..。

数十秒間は、中央に溜まったアルコールから緩く炎が出るだけですが、次第に縁の小さな穴からも炎が出て、本燃焼となります。

通常サイズのシェラカップが、少しハマるサイズ。

火を入れると、このようなブルーに変化。チタンの特徴です。
いい色ですね〜。


ラーメンを作ってみた

続いて、ラーメンを作ってみます。
アルコールストーブは、火力があまり強くないのですが、ちゃんと作れるのか?

先程のスタンドでは、大きな鍋が載らないので、こちらを使用。
100均のトレーと五徳。
五徳は、2方向からの風防にもなりそうです。


ユニフレームの「山フライパン深型」を載せるのに、ちょうどいい感じ。


500mlの水が、4分ちょっとで沸騰しました。


3分間、麺をゆでてもまだ火力に問題なし。
ラーメンの調理にも問題なく使えそうです。


失敗例

今回、シェラカップでココアを温めていたら…フタをしていたので、沸騰に気づくのが遅れて..


吹きこぼれて大惨事に!
とっさに火力調整、消火ができないので、注意が必要です。


アルストの中にも、ココアが侵入していました。
次からは気をつけよう。

メリット・デメリット

使ってみて感じたメリットは..

  • 軽量・コンパクト
  • 燃料も場所を取らない
  • 静か
  • 上級者になった気分になれる

サイズ的にもコンパクトですし、チタン製ということもあって、非常に軽いです。
燃料は、これまでCB缶やガソリン用のボトルでかさばりましたが、アルコールは、このような簡便な容器にいれることができ、ちょっとした隙間にも入れられるので、実質的にほとんど場所を取りません。
LINDEN(リンデン) パウチ容器 100mL


デメリットは…

  • 火力が弱い
  • 少しコスパが悪い
  • とっさの火力調整や消火が困難

バーナーの火力に比べると、かなり弱いです。湯沸かしにも時間がかかります。
今回はあまり影響はなかったですが、風があると、さらに熱が伝わりにくくなり、風防が必須になります。

ちょっと意外だったのはコスパの悪さ。アルコールは500mLで300円とすると、CB缶なら3本買える。ガソリンなら2Lくらいの価格。

1泊のキャンプだと、例えばラーメン、鍋、シェラカップの湯沸かしで、300mlくらい使用しますが、CB缶なら1本で済んだと思います。少し割高になりそうです。


メリット、デメリットありますが、もう少し慣れてくれば、デメリットも減らせると思います。

created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
¥8,360 (2021/12/03 15:23:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です