キャンプに便利な成型炭「エコココロゴス ラウンドストーブ」44個入りを大人買いしてみた!!

管理人はキャンプでよく焼き鳥を焼くのですが、やっぱり焼き鳥は炭火焼きに限ります!!

でも、バイクでキャンプとなると、炭を持っていくのはちょっと大変。
かといって、キャンプ場で炭を一箱買っても使いきれないので、管理人は、これを使っています。

ロゴス 固形燃料 エコココロゴス・ダッチチャコール30
ロゴスのヤシガラを主減量の固形炭「エコココロゴス」の最小サイズの「ダッチチャコール」です。
木を伐採せずに、不要物なヤシの実の殻を使っているエコな製品。
着火が簡単で、安定した火力が得られます。

「ダッチチャコール」は、ダッチオーブンのフタに乗せる使い方がメインのようですが、BBQなどにも使えます。

サイズは、直径4.5cm、高さ6cmの円筒形が、1箱に30個入り。
必要な数だけキャンプに持っていきます。

だいたい「ダッチチャコール」を4個ならべておけば、焼き鳥が4本くらい同時に焼ける感じです。
30個入りが2,200円くらいなので、4個だと約300円になります。

ホームセンターなどでは、3kgの炭が400円くらいで売られているので、それに比べると4個(約400g)で300円は、かなり割高に感じていました。
もちろんその分、使い勝手はいいのですが…。

もう少し安くならないか、とエコココロゴスシリーズの他のサイズも検討した結果、こちらに行きつきました。


ラウンドストーブ

エコココロゴス・ラウンドストーブ Pro (44個入)

エコココロゴスシリーズで一番大きいサイズの「ラウンドストーブ」で、通常は2個入りなのですが、業務用の44個入りです。

定価はそれほどお得ではないのですが、Amazonで20%OFF&ポイント10%還元で販売されています。
楽天でも同額で販売中)

1個当たり、230円程度。
ちょっと44個は多いですが、災害時の備蓄としてもいいかもしれないので、購入してみました。

ちなみに、1個でステーキ14枚以上焼けるそうです!!

普通の炭3kgでも、ステーキ14枚焼けるかといったら、結構微妙かも。
そう考えると、コスパも良いかもしれませんね。何よりバイクでキャンプに行く人にはコンパクトで助かるし。


中身は、4つの袋に11個ずつ分けて入っています。
重さはトータル17kg!!さすが44個入りです。


ダッチチャコールと比較

今まで使っていたダッチチャコールと、ラウンドストーブを比較してみます。
1つの袋はこんな感じ。なかなかの迫力です。–>

「ダッチチャコール」と比較。
1個でも、十分「ダッチチャコール」4個と同じくらいは焼けそうです。


重さも、ちょうど同じくらいでした。
形状も平らで、カブのリアボックスにも入れ易いですね。

キャンプ以外にも、家でのバーベキューや、七輪で魚を焼いたりするのもいいかも。
とにかく、いろいろ使わないと44個は使いきれない…。


保管について

場所もとるので、置き場所も考えておきましょう。
管理人は、RV BOXに入れて、デッキの下に置きました。
(物置はキャンプ道具ですでに満杯)


使ってみた

実際に使ってみました。
焚き火台の上に置いて、着火します。
着火した部分は、白くなります。

わずかでも着火すれば、あとは白い部分が勝手に広がっていきます。簡単、楽です。

完全に白くなるまでは、煙が出るのと、少し爆ぜるので注意。


完全に着火。
全体が白くなり、穴から赤い炎が上がります。

普通の炭だと、炎がなくなってから焼き始めますが、ラウンドストーブはこの状態で使用します。


焼鳥、美味しく焼けました。


90分経っても、まだ燃えています。

焼き物はひとしきり終わったので、焚き火へ移行するときも、ラウンドストーブに薪をくべれば、簡単に着火できます。

ソロで使うには、1個でも問題ないサイズですし、燃焼時間も90分以上ありましたので十分だと思います。

44個も買ってしまいましたが、使い勝手は満足!!
今後のキャンプでは、1泊1個、使うことになりそうです。

たっぷりお得で、しかもエコなエコココロゴス・ラウンドストーブ Proをぜひどうぞ。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥11,980 (2021/10/20 11:39:14時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です