超ふかふか電動エアーベッド「Sableシングルサイズ SA-HF033」を試す。

前回に引き続き、今回もエアーマットのレビューです。

モバイルバッテリーなどで有名な、RAVPowerブランドも取り扱うサンバレージャパンさんから、電動ポンプを内蔵したエアーベッド「Sableシングルサイズ SA-HF033」をご提供いただきましたので、ご紹介します。

「エアーマット」といっても、前回紹介した「EXPED DownMat Lite 5 M」とは全くカテゴリの違う商品。
正確には「エアーベッド」ですね。

電気があれば、アウトドアでも使えますが、自宅用・来客用としての使用もターゲットにした製品です。

本当は、キャンプで試したかったのですが、7月に行ったファミキャンは、ずっと雨に降られ、過去最悪にしんどいキャンプだったので、こちらを試す余裕はなく…。自宅でのレビューとなりました。


開封

ずっしりとしたパッケージ。さすがにカブに載せられるようなものではありません。



パッケージは、このようなサイズ(多少の誤差あり)で、重さは約7kgあります。



キャンプに箱では持って行きづらいので、キャリーバッグ付き。



大きさは正直大きいですが、これが厚みのあるシングルサイズのベッドになり、さらに電動ポンプも内蔵しているいうのは、凄いかも。



マニュアルは、多言語をサポート。日本語表記もあります。

「使い方」の最初のところに「20度より高い」「1時間待つ」という表記があります。20度以上で1時間放置してから、使うってことかな?
(寒すぎると、素材が固くて膨らまない?)


広げてみると、長さ約2.1m。
かなり素材が厚手でゴワゴワしていて固い感じですが、ちゃんと膨らむのだろうか?

頭側にポンプがありました。
完全にベッド内に埋め込まれていて、操作パネルがあるだけ。
表記は日本語でわかりやすいですね。


膨らませてみる

ポンプ部のフタから電源コードを取り出し、コンセントへ繋げます。



ちょっとケーブルが短いかも。
当然ながら、キャンプ場では延長コードが必須です。



バルブを締めます。
左の状態では、まだ閉まっていません。右のように、バルブが沈み込むまでしっかり押し込みます。浮き輪と同じような感じ。



それでは、準備が整ったので、スイッチON!

かなり厚手の素材が、膨らむのか心配でしたが、見事に膨らみました。時間は1分45秒ほど。
電動ポンプなので、電源ONしてほっとくだけ。楽ちんですね。



膨らませたら、電源は抜いてもOK。
元の位置に収納しておきましょう。



サイズは、こんなになりました。
普段は、この畳の部屋にシングルサイズの布団を敷いて寝ていますが、同じシングルでも厚みがあるので、大きく感じます。



表面は、ややファブリックな質感。


ちなみに裏面は、こんなになってます。


寝心地・強度は?

肝心の強度や、寝心地はどうでしょうか?

身長167cm、体重52kgほどの人が寝てみました。

固すぎず、ふわふわすぎず、いい感じ。キャンプではありえない寝心地です。
普段の布団と比べると、ややボコボコ感を感じるかな。



頭のピロー部分も使ってみると、こんな感じ。
まだまだサイズには余裕がありますね。



ちょっと表面が暑く感じたので、涼感シーツを敷いてみました。ニトリで買った、シングルサイズのものですがぴったりです。

まだボコボコ感は感じるけど、涼しく寝れそう。



さらに、敷布団もし敷いてしまえば最強。
重さで沈んしまうこともありません。



中央に立ってみても、沈みはこの程度。かなり頑丈なのがわかります。
耐荷重は、300kgとのことです。



ベッドのように腰掛けても大丈夫。足を浮かせても、大きく沈むことはありません。
この高さは、足腰の悪い方にもいい高さかも。


片付ける

片付けも電動ポンプで楽々です。


エアーの排出に2分35秒と、注入時よりも時間がかかりました。
排出できたら、バルブを開けて、折りたたみながら、さらにエアーを抜き切ります。

最後に両側から丸めて、キャリーバッグに収納して終了。5分もかかりませんでした。

また、キャンプ用品では、きっちり畳まないと袋に入らないということが起こりがちですが、こちらはキャリーバッグが大きめに作ってあるので、簡単に入れることができました。


実際に1晩、寝てみた感想

キャンプを想定して、室内ですが、エアーベッドの上に寝袋だけで寝てみました。

寝心地としては、キャンプ用としては最高。
固さは快適、広さは十分、まくら不要で、ぐっすり眠れました。
この厚さなら、地面の凸凹なんて関係ないですし、冬でも冷気が伝わることはないでしょう。

気になったのは、匂いと音。
新品ということもあってか、ビニールというかゴムというか、そんな匂いがします。
もしテントの中なら

「音」というのは、浮き輪をグイグイ押した時のような「ギュッギュッ」とか「グッグッ」という感じの、ビニールが軋むような音がします。
静かに寝ていれば、音はしませんが、寝返りをうったりするときに鳴ります。
慣れれば、大したことはないですが、神経質な方は気になるかも。


おすすめのシチュエーションは?

キャンプではあり得ない寝心地ですが、サイズが大きいので、テントの大きさと相談が必要です。
我が家の場合、5人全員参加のキャンプだと、このサイズは無理。3人ならいけます。(おそらく子供に占領されるでしょうけど…)

また、高さも注意。エアーベッドの厚みが40cmくらいあるので、低めのテントだと、天井が近くなって窮屈さを感じるかもしれません。

電動なので、電源付きサイトも必須です。

もう1つの使い方は、来客用。
友達くらいなら、このエアーベッドに寝てもらうもよし。もうちょっと大切なお客様なら、ちゃんとしたベッドに寝ていただいて、自分はエアーベッドに寝るもよし。
ベッドがない布団派のお家でも、足腰の悪い方の来客時には、これが1つあるといいかもしれません。

音など、どうしても本当のベッドには、敵わな部分もあるので、そこはフレキシブルに。

あと、小さなお子様には注意。トラポリンにされてしまいそうなので..。
本来の使い方以外での使用は危険です。

今回、サンバレージャパンさんが、20%OFFで購入できるクーポンコードを提供いただきました。
Amazonでの購入時は、クーポンコード「HF033BOG」を入力してください。

期間は、2019年8月9日までの限定クーポンです。



ダブルサイズ、クイーンサイズもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です