ゆるキャン△の「例のハンバーグ」を実食!! なでしこ流 VS 公式焼き方も比較。

ゆるキャン△のコミック11巻に登場する、アヤちゃんがキャンプに持ってきたハンバーグ「うまうま100%ハンバーグ」

しまりんも絶賛の美味しさの「うまうま100%ハンバーグ」ですが、11巻の157ページによると、通販でも買えるとのこと。

これは食べてみたい!! ということで、食べてみることにしました。


通販で購入できます。

ネットで探してみたところ、こちらに行きつきました。

肉の卸問屋アオノさんの「牛肉100% そのまんま肉バーグ」。こちらが、モデルとなっているようです。

アオノさんでも、と説明されており、間違いないようです。
(厳密には、アヤちゃんがキャンプに買ってきたもの、なでしこがお土産に買ってきたもの、通販で買えるものには、それぞれモデルがあるそうです)

つなぎを使っていない、牛肉100%が特徴。
ハンバーグながら、最強の肉感が味わえるらしい。


購入してみた

購入してみました。
冷凍された状態の「そのまんま肉バーグ」。

俵型のハンバーグが、3個で1パックになっています。180g × 3個=540gです。


原作にも登場したオニオンソースも付いています。

焼き方の紹介も同梱されていたのですが…俵型を平たい形にして、中火で片面2分ずつ焼き、弱火で4分蒸し焼きにする、とのこと。

ええっ!? 原作の焼き方と違う!!


なでしこ流 低温加熱調理法

原作では、アヤちゃんが持ってきたハンバーグを、なでしこが調理していきます。

その調理手順は…

  1. 真空パックのまま63°Cで30分間湯煎する。
  2. 真空パック内に肉汁が出ているので、切れ目を入れ、肉汁を出す。
  3. 仕上げに表面を軽く焦す。(原作中では、直火で炙っていました。フライパンでもOK)

低温加熱調理ですね。
中まで殺菌しつつ、お肉が固くならないのが、63°Cで30分とのことです。

アウトドアでは、大量の肉汁(油)の処理も大変ですので、それも考慮した調理法とのことです。


これに対して、「牛肉100% そのまんま肉バーグ」に添付されていた公式な焼き方は…

  1. 俵型のハンバーグを手で平たい形にする。
  2. 片側中火で2分ずつを目安に、表面に焦げ目がつくように焼く。
  3. 蓋をして、弱火で4分ほど蒸し焼きにする。

普通の焼き方ですね。

ちなみに、注意点として..

中が生状態ではお召し上がりになれませんので、十分に加熱してお召し上がりください。

とのことです。


2つの調理法、どちらが美味しくできるのか?
なでしこ流と公式で、比較してみることします。


なでしこ流に挑戦

まずは、なでしこ流の低温調理法。

調理前に、まずは解凍します。
冷凍庫から冷蔵庫に移して1日かけて解凍しておきました。

若干ドリップが出ています。


湯煎します。
63°Cを30分間キープは、なかなか難しい作業。
最初は70°Cくらいになったり、中身まで火が通るのか心配で、ちょっと高めになりました。


湯煎完了。
見た目は、火が通ったような色にはなっています。
でも、思ったより肉汁はでていないかな?


真空パックに切れ目を入れて、肉汁を排出。
結構出ていました。


フライパンで焦げ目を付けていきます…が、明らかに生な部分が!!

俵型のハンバーグが3個、連なった状態で真空パックされているので、俵同士が接触している面は、火が通りにくい様です。
当然、俵の中も火が通っていないことが予想されます。

ということで、焦げ目をつけるだけでなく、転がしながら全周に焼き目をつけた後、さらに3分ほど蒸し焼きすることに。


焼き上がり。
ちょっと形は歪ですが、美味しそう。

問題の中身は…全然生でした!

湯煎の温度と時間は問題ないはずなんだけど。解凍の具合とかにもよるのかな?

仕方ないので、レンジで600W、1分30秒加熱。


火は通った様ですが、肉汁が出まくり。
美味しさも出ちゃってそう…。


こちらは、切らずにレンチンしたもの。
やはり肉汁は出ていますが、半分に切ったものよりはマシかな。


で、実食!!

半分に切ってレンチンした物は、かなり固くなってしまいました。ミンチ肉がぎゅっと収縮したような感じ。
味は、確かに肉感がすごいのですが、ジューシーさがなくパサパサ。不味くはないのですが、期待していた感じではないです。

でも、付属のオニオンソースはめちゃうま。たっぷりかけるとパサパサ感も緩和されて、かなり美味しくなりました。固いけど..。


切らずにレンチンした方は、固さもそれほどなく、少しジューシーさも残っていました。うまいです!!

ということで、低温調理はなかなか難しいですね。
3つ繋がった真空パックのままより、取り出して1つずつジップロックなどして、湯煎した方がいいのかもしれません。


公式の焼き方

続いて、公式の焼き方で焼いてみます。
解凍は同じ条件で行いました。

俵型から…


平にして焼いていきます。

つなぎは使っていないとのことですが、特に形が崩れることもなく、平にできました。
(形がいびつなのは、管理人が不器用なだけです..)


焼き上がり。
肉汁は出ますが、「肉汁の海」というほどではないかな。


切ってみると、わずかに赤い気もしますが、許容範囲と判断。

これこれ! 肉汁たっぷりな肉肉しいハンバーグ!!

via GIPHY

肉汁が溢れ出てきます。
味も食感も最高でした。


まとめ

公式の焼き方の方が、美味しく食べることができました。

なでしこ流も、中までしっかり火が通れば、肉汁の流出も最低限にでき、美味しく食べられると思うのですが、ちょっと手間や難易度を考えると、公式の焼き方でいいかな、と思いました。

キャンプで、どうしてもフライパンに肉汁を出したくない場合は、低温調理もありかと思います。

本当に美味しいので、おすすめのハンバーグです。
そして、ゆるキャン△の世界をぜひ体感してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です