ハンモック用 iPadホルダーを自作してみた。

6月に一度キャンプ行ったきり、長梅雨でまだキャンプに行けていない管理人です。

次のキャンプでは、ハンモック泊にも挑戦したいと思い、ハンモックグッズもいろいろ揃えつつありますが、1つないものがあります。

それは、ハンモック用のiPad用ホルダー。

ハンモックで寝ながら、iPadで動画を見るとか、最高じゃないっすか!!

ネットで探してみると、スマホホルダーならあるのですが(それも国内では売ってないみたい)、タブレット用のホルダーというのは見つかりませんでした。

スマホ用ホルダー「HangTime Hook

無いのなら、作ってしまえ!ということで、5年くらい前に購入した、3Dプリンタを使って、作ることにしました。


設計

まずは設計。

ホールドするiPadは「iPad Pro 11インチ」として、これをハンモックのリッジラインにぶら下げられるホルダーを設計します。

3Dプリンタの造形可能サイズと、バイクでの可搬性を考慮して、いくつかの部品に分けて設計します。

まず、リッジラインに引っ掛ける部分はこんな感じ。
中央の溝に、リッジラインとクロスするように下から挿入して、90度回転、リッジラインと平行にしてぶら下げるイメージ。



iPadを支える部分は、こんな感じ。若干ですが、サイズ調整も効くようにしました。

この設計で、3Dプリンタで作成します。


完成

3Dプリンタでの製作で、いろいろ失敗、リトライがありましたが、今回は割愛。

いきなりですが、完成です。


なかなかいい感じ。強度もしっかりとしています。もう少し、細くても大丈夫かも。


小さくすれば、こんな感じ。重さは120g。バイクにも積んで行けそうです。


一部、ネジを外して組み替えれば、あまり突起もなく、ここまで小さくできます。

形にはなりましたが、ちゃんと使えのか?
試してみます。


使ってみる

自宅デッキに施工した特設ハンモックで、試してみました。


まずは、iPadをセット。ちょっとサイズがギリでしたが、ホールド感はいい感じ。


リッジラインに取り付け。
ちゃんとぶら下がりました。バランスも問題なし。


バッチリです!! これがあれば、いくらでもハンモック上で過ごせそう!!


意図はしていなかったのですが、スタンドどとしても使えました。これもまた便利。


大成功でした。次のキャンプには、必ず持っていきます。
商品化も考えた方がいいかもしれない..!?


スマホホルダーも欲しい

まず欲しいと思ったのはiPadのホルダーでしたが、それができちゃうと、今度はiPhoneのホルダーも欲しくなってきました。

前述の通り、海外では販売されているのですが、国内では売ってないみたい。
これも作るか?と思ったが、市販のクリップ式のホルダーなら、そのままハンモックでも使えちゃうのでは?


早速、市販のホルダーを物色。
なんと、100均に売っていた。


クリップ部は、結構強力。
よくこれが100円で作れるよな..。


リッジラインをクリップで挟んでみました。ちょっと不安定だけど、アームで重心は如何様にでも調整が効くので、なんとか使えそう。


ちょっと揺れ易いですが、使えました。
アームが嵩張るので、もう少しシンプルなホルダーがあるといいかもしれません。


まとめ

iPadホルダーは、自作で大成功でしたが、スマホホルダーは100均でできてしまったので、iPad用も市販品でなんとかなるかもしれません。

ハンモック関連の製品って、海外の物が多く、国内では手に入らない場合もあるようです。
そこをなんとか工夫する(自作したり、個人輸入したり..)のも醍醐味かも。

これからハンモックキャンプの経験を積んで、また何か必要なものがあったら作ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です