めざせバイク免許取得!! 技能教習10時間目。「法規」

無事?にみきわめをクリアし、そのまま続けての10時間目は、日程表によると「法規」と書かれています。

今回の流れです。

  • 卒業検定コースの配布
  • コースのポイント説明
  • コースのポイントを、現場で説明
  • シミュレータで走行し、走行中の違反を予想


身が引き締まる「卒業検定コース」の配布

最初に配られたのは、卒業検定のコースが書かれた紙。
第1段階も終わり、ついに本格的に卒業検定に向けての教習になるんですね。身が引き締まります。

紙には、裏表にAコース、Bコースが書かれていました。
コースの地図に、走る経路が線で描かれているのですが、おなじみ箇所を何度か通過するので、線が交差してなかなか見辛い..。最近老眼入ってきてるし。拡大コピーしよう。

コースの覚え方のポイントがあり、Aコースは、

  • スラローム → S字
  • 1本橋 → クランク

Bコースは、

  • 1本橋 → クランク
  • スラローム → S字

というのが、おまかな流れ。(もちろん、コースは教習所によって違うと思います)
AとBでは前半、後半が入れ替わっているだけで、大きな違いはないようです。これなら覚えられそう。


意外に知らないバイクの交通ルール

続いては、シミュレータを使って、交通ルールのお勉強。

3人での教習でしたが、一人が代表して、シミュレータが指示するコースを5分ほど運転。その間にどのような違反があったのか、残りの二人で予測します。

管理人は予測担当。
運転をじっくり見ますが、特に問題なさそう。でも、教官によると、3つの違反があるとのことでした。

  • バス優先車線で、バスに道をあけなかった(バックミラーにバスが写っていた)
  • 横断歩道の直前に駐車車両があり、その横を抜けるときは一旦停止が必要
  • 道路脇の駐車場に歩道を横切って進入するのだが、歩道の前で一旦停止必要

というものでした。

2つ目は、ちょっと気になってはいましたが、徐行くらいでいいのかと思いましたが、一旦停止とのこと。
さらに3つ目は、かなり驚きのルール。実際にやったら追突されそう…。

教官も、「実際やらなかったとしても、もし事故になった場合に、ここでちゃんと一時停止した、とハッタリかませば、相手もうる覚えだから『止まってたかも』となるかもしれない。知っていることが大事」と、ぶっちゃけてました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です