めざせバイク免許取得!! 技能教習7時間目。シミュレーター

7時間目。今日は雨ですが、バイクには乗らないで、シミュレーターを使っての教習です。
(早く言ってよ、雨具もプロテクターも着ちゃったよ…)


今回のざっとの流れです。

  • シミュレーターでブレーキのかけ方で制動距離を比較
    • 後輪ブレーキのみ
    • 前輪ブレーキのみ
    • 両方ブレーキ
  • シミュレータで後輪前輪のブレーキ比率を変えてみる
  • なぜ体重移動するのか?の説明

バイク教習用シミュレータ

使ったのは、これ。

三菱プレシジョンというメーカの製品。こういうのって、ゲームメーカが作るわけじゃないんですね。

実車では危険な、急ブレーキをシミュレートします。
クラッチや、ギヤチェンジは不要で、アクセルと前後輪のブレーキの操作だけなので、操作は簡単。ゲーム感覚でした。

後輪ブレーキのみ、前輪ブレーキのみ、前後輪量ブレーキで、制動距離の違いを体験します。
当然、両ブレーキが一番短い距離で止まれますが、次は前輪ブレーキ。後輪ブレーキは一番効きません。

重要なのは、前後輪のブレーキ比率のバランス。
今日は3人で教習だったのですが、それぞれ、どんなバランスが一番いいと思う?と聞かれて、それをシミュレータで実践してみます。

管理人は、前7:後3と答え、やってみますが、なかなかその通りには行きません。何度かやってみて、なんとか7:3に。制動距離は17mでした。
他の二人は、6:4、8:2で、一番は8:2で16mだったかな?

管理人が自前で買った教習本では「6:4が理想」とあったので、ちょっと違うなぁ、と思いましたが、比率だけの話で、トータルでのブレーキのかけ具合が個々人で違うので、本の通りには行かないみたい。

で、この教習で教官が言いたかったのは、「シミュレータだから、前輪ブレーキも思い切りかけられるけど、実際には怖くてできないでしょ。だからバイクは、かもしれない運転やスピードを出しすぎない運転をすること」ってことでした。


シミュレーターには、他にもいろいろ機能があるみたいでしたが、今回は急ブレーキ体験のみ。もっと遊んでみたい..。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です