クロスカブ 用にリアボックスを自作しよう!! その1

無事、クロスカブの納車も完了し、いよいよ目指すはソロキャンプ。

その第1歩として準備したいのが、バイクにキャンブ用品を積むためのリアボックス(トップケース)です。


いろいろなタイプがあるリアボックス

一口にリアボックスといっても、いろいろ種類があります。

定番「ホムセン箱」

カブでは定番となっているのが、「ホムセン箱」。

ホームセンターなどで売っている、アイリスオーヤマのプラスチック製のケースです。

アイリスオーヤマ 職人の車載ラック専用 ボックス 密閉 ハードBOX ブラック/オレンジ MHB-460

バイク専用ではないのですが、カブの大きな荷台に、ちょっとした加工で容易に取り付けるできるということで、定番となっています。
ちゃんと鍵もかけられるし、何より安い!! わずか3000円で購入可能です。
プラスチック製なので、フックの取り付けなど、加工が容易なのもいいのかも。


ホンダ純正品

ホンダも純正品を用意しています。


いかにも業務用な感じので、シンプルなボックス。
ちょっとキャンプには似合わないかな?


バイク専用品(プラスチック製)

Amazonで探してみると..
価格は、比較的安価なものが多いんですが、なぜ全部丸っこいのか?
体積効率が悪くて、キャンプ道具がたくさん入れらないじゃないか!

ヘルメットを入れる前提だからかなぁ? あるいはコスト的な問題?

バイク専用品(アルミ製)

かっこいい!! 角ばってるから容量もたっぷり!!

ただし、高くて重い!! これがネックです。でも、載せたい…。



ということで、デザイン、機能性からいえば、アルミ製のボックスなんですが、とにかく高価なんですよね。

なんとか、安く手に入らないかなぁ…。ん? 作っちゃえばいいのか?

ということで、自作を検討してみました。


アルミフレームでリアボックスを作る!?

アルミ製なら、仕事でもよく使っている、アルミフレームを組み合わせれば、できるんじゃないかという安易な考えで、とりあえる検討することにしました。
アルミフレームを作っているのに、SUSという社名(ステンレスも「SUS」って呼ぶ)の製品をよく使っているので、これを組み合わせて骨組みを作り、さらに、SUSさんでは、アルミなどのプレートも指定サイズでカット可能ということで、なんとか作れそう。

しかもアルミフレームは、20mm角のもので、1mmあたり0.48円。50cmで240円とそれほど高くない。これなら、市販品よりもはるかに安くできそう!

とこうことで、作ってみることにしました。
さてさて、どんなものが、できますか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です